~ローコスト・ローリスクでハイリターンの早稲田育英ゼミナール~
「早稲田育英ゼミナール」の「1対2の完全個別指導教室」だから、フランチャイズと
しての安心経営が出来ます。

FC選びは目的と実態に合わせて

教育ビジネスは収益性・安全性・成長性から見た場合、成長業種といわれていますが、
同じく学習塾といっても、開業に要する開業資金・ロイヤリティ・加盟金、保証金など
システムは様々であり、収益性・安全性・成長性(利益の継続性)をよく吟味し、自分の
目的に合わせてどの学習塾を選択するかが重要となります。

いつまでに投下資金を回収可能か

学習塾も「ビジネス」であり「経営」です。ビジネスにはリスクがあるのも当然です。
しかし、ビジネスであれば収益を見込めなければ意味がありません。収益性は開業資金と見込み利益との関連でとらえられます。
FC方式の学習塾経営には、多額の開業資金を必要とするものがありますが、投下資金の回収・利益の面から見ると、何年経っても回収できないか、回収できたとしても長い年月を必要とするものも少なくありません。



教室経営において、その収入源となる生徒数は「投下資金」ではなく、「塾の内容とその実績」に比例するものであり、「資金」の投下率と「生徒人数」の獲得率とは必ずしも比例するものではありません。この観点から早稲田育英ゼミナールでは創業以来一貫して「少資金・高収益」での安心経営・安定経営をお勧めしています。

          
→収益性=投資回収期間
=投資回収率
=年間利益÷投下資金
→安全性=利益の継続率(期間)
→成長性=売上高の年間成長率
       
投下資金と収益性(見込み利益)  
  ゼ早
ミ稲
ナ田
|育
ル英
   
開業資金 298 850万 1100
毎月の利益 30万 30万 30万
年間の利益 360万 360万 360万
回 収 率 120% 42.3% 32.7%
回収期間 10ヶ 28ヶ月 36ヶ月
利益の継続性
※1

※1
収支合計して0となる損益分岐点までどのくらいの期間がかかるかも毎月の支出額が多ければ多いほど、長期間を要することになります。
いずれにしろ、学習塾の場合、他の業種に比べ収益性は高いとはいえ、少子化・経済の低成長の時代には、少資金でスタートできるFCの方が安心経営といえます。

規模の拡大・拡張は収益を見ながら

経済の成長が停滞している時代には、リスクの少ない安心経営が望まれます。
学習塾経営においても必要十分の「少ない資金」でスタートし、経営の拡大・資金の再投入は、目的・実態に応じて収益をみながら、徐々に図っていくのが賢明な方法といえます。

こんな方を募集しています。


学習塾経営・教育業界の知識や経験は必要ありません。開業への意欲があれば、本部が37年間で蓄積したノウハウを提供致しますので安心して経営できます。

>>詳しくはこちら